2010年02月08日

失われたアーク

「失われたアーク」とはモーセの十戒の書かれた石板を納めた「聖櫃」のことであり、ユダヤの秘宝の一つ。(レイダース/失われたアーク《聖櫃》、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
-------
かつてユダヤ人の大富豪エドモンド・ロスチャイルドが日本の神輿を見たときに腰を抜かすほどびっくりしたそうだ。旧約聖書に出てくる「契約の箱」とあまりも似ていたからだという。「契約の箱」とは、かの有名なモーセの「十戒の石板」をしまっておいた箱で、イスラエル民族は荒野を流浪しながら、その「契約の箱」を大事に守って移動をしていたのだ。その「契約の箱」を担ぎながら移動するイスラエル民族の様子が聖書には何か所も書かれているが、ある時から全く書かれなくなる。ユダヤ人は、その「契約の箱」の行方を現在に至るまで血眼になって捜している。映画インディージョーンズもそんなテーマだ。その歴史上行方不明になっている「契約の箱」が、なんと日本四国の剣山にあるという説がある。
posted by デデボー at 15:17| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

日本人のルーツ

日本各地にはユダヤ人が渡来したであろうと思われる場所がある。
(ユダヤ人渡来伝説地図、坂東誠、PHP、表紙)
-------
私は自分の家の家系図を作成したことがある。結構手間のかかる作業だったが、作成中に「血が騒ぐ」感覚をもったのを覚えている。人間はもともと「ルーツをたどりたい」という本性を持っているようだ。では、日本人はどこから来たのだろうか。こういうテーマにも結構血が騒いだりする。そして日本人のルーツをテーマとした時によく出てくるのがユダヤ人渡来伝説だ。

japan_l_150.gif israel_l_150.gif

日本人のルーツは、ユダヤ人。この「ユダヤ人渡来伝説」には私はいつもワクワクさせられる。聖書に出てくるあのユダヤ人=イスラエル民族と日本人がつながっているなんて、歴史ロマンのあるお話だ。そしてあながちでたらめとも言えないそれなりの根拠がちゃんとある。古代史はロマンだというが、とんでもない「隠された歴史」がそこにあると思うと夜も寝られない。
posted by デデボー at 14:51| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。