2011年07月13日

ハードボイルド小説

この本を読み飽きない理由としては、まずだいいちに文章のうまさがあげられるだろう。チャンドラー独特の闊達な文体は、この『ロング・グッドバイ』において間違いなく最高点をマークしている。最初にこの小説を読んだとき、その文体の「普通でなさ」に僕はまさに仰天してしまった。こんなのありなのか、と。
(ロング・グッドバイ、レイモンド・チャンドラー、村上春樹訳、ハヤカワ文庫、596ページ)
-------

本屋によって本を見ていたら、
チャンドラーの名作『長いお別れ』が
村上春樹の新訳で『ロング・グッドバイ』となって平積みされていた。

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11) [文庫] / レイモンド・チャンドラー (著); 村上 春樹 (翻訳); 早川書房 (刊)

村上春樹、チャンドラー、ハードボイルド。

この3つの単語が頭の中に並んだ途端に、
文庫本なのに1,100円もする『ロング・グッドバイ』を
私は思わず買ってしまった。

大学生の時に、ハードボイルド小説に触れて以来
その小説が作り出す世界観がとても好きになった。

どうしてそんなにハードボイルドが好きなのか。
改めて、ハードボイルドとは何だろうと考えた。

ハードボイルド(hardboiled)とは、
感傷や恐怖などの感情に流されない、
冷酷非情、精神的肉体的に強靭、妥協しないなどの
人間の性格を表す言葉である。
(ウィキペディア)

うーん、どうもピンとこない。

ハードボイルド小説に登場する主人公は、
強いこだわりを持って自分の意思を貫く。

心も体も傷つき、たとえ命が失われそうになっても、
それを曲げようとはしない。

社会や組織という巨大な力に対しても、
長いものには巻かれようとはせず、
自分の信念を通すために冷酷非情に立ち向かっていく。
・・・それが全く勝ち目のない闘いであったとしてもだ。

彼は、自分の愛する女とか、友達とか、社会的弱者とか、
昔ほんの一度だけ自分に希望を与えてくれた知人のために
最大限の自己犠牲をはらって、一見無駄な闘いを挑む。

ある意味、独りよがりであるが、
誰か特定の人間への愛や思いやりがそこにはある。

見返りは求めない。命すら捨てていいと思っている。
そして、誰にも知られなくてもいいと思っている。

そんな主人公が小説の中で発する言葉が
何度読んでも胸にしみわたる。


そして、この『ロング・グッドバイ』。
村上春樹をして、文章のうまさはチャンドラーの作品において
間違いなく最高点と言わしめている。

この夏、チャンドラーの名文を
村上春樹の訳で、改めてじっくり楽しもうと思う。

posted by デデボー at 01:12| 東京 ☀| Comment(1) | 家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

断捨離

私が断捨離に行き当たったのは、かれこれ20年前のこと。高野山の宿坊に行った際、必要なモノだけが大切に使われ、掃除が行き届き、スッキリとした修行僧の日常空間を見たのがきっかけでした。非日常のホテルの快適さとは異なる、清々しさ。
(新・片付け術 断捨離、やましたひでこ、マガジンハウス、7ページ)
-------

面白い掃除の本を見つけた。
最近、かなり話題になっているらしい。

新・片づけ術「断捨離」 [単行本] / やました ひでこ (著); マガジンハウス (刊)

掃除の本と言ったら、
イエローハットの鍵山秀三郎さんの「掃除道」や
舛田光洋さんの「そうじ力」がとても参考になった。

しかし、この本は
掃除のいらない徹底した部屋づくりを
目指しているところが面白い。

モノを見る物差しが「自分」と「今」。

これは、「自分」にとって必要か。
これは、「今」必要か。

この観点でモノを分別していく。
すると、出るわ、出るわ、ゴミの山。

その物差しで何度も何度も
選び抜かれ、厳選され、洗練されたモノだけが
部屋に残る。

そういう居住空間を「自在空間」というそうだ。

早速、私も衣類を断捨離。
1〜2時間で45リットルのごみ袋2つがいっぱいになった。

続いて、書籍を断捨離。
ものの30分で50冊もの本がブックオフ行き決定。

これまだ使えるから、もらったものだから、
でなく、私が使うかどうか。

いつか使うかも、思い出の品だから、
でなく、今使うかどうか。

これを繰り返した暁には
どれだけスッキリとした快適な居住空間ができ上がるか楽しみだ。

まだ我が家には不要、不快、、不適なモノがいっぱいある。

モノは、使ってこそ、
モノは、今、この時に、必要とされているところへ
モノは、あるべきところにあって、美しい。



posted by デデボー at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | 家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

食卓は第2の礼拝

1998年に3つの調査結果が報告されています。1つ目は、筑波大学と茨城県警に補導された子供270人を調査したところ、全員が朝食抜きがち、その上「孤食」をしていたこと。2つ目は、広島県教職員組合が12000人の小中学生を対象に調査したところ、朝食を食べていない子供が2割もいて、「キレる」子供には朝食を食べなかったり、孤食をしている子が多かったという事実。3つ目は、厚生省の国民栄養調査で、孤食をする子供たちの数が82年の22.7%から93年には31.4%に増加していたことです。
(月刊ハーストーリー10月号、世界平和女性連合出版部、9ページ)
-------

実は、我が家は最近引っ越しをした。
家のサイズが変わったので、
家具やら収納ボックスやら買い替えが必要なものが出てきている。

k149358724.jpg

その中で一番どうしようかと悩んでいるのが
ダイニングテーブルだ。

今のは幅120cm×奥行75cmの大きさだ。
本によると一人当たりの横幅は60cmは必要だという。

我が家は5人家族。
来年にはもう1人増える予定だ。

幅180cm×奥行90cmの6人掛けダイニングテーブルを
購入すべきかどうか、かなり悩んでいる。

そんな時に、この「食卓から始まる人づくり、国づくり」
という対談記事を読んだ。

・食卓崩壊から家族の確執が始まる。
・孤食が問題なのは、一人なので感情のキャッチボールがないこと。
・学習教育以前に大切なのはしつけ。そのしつけの8割は食卓で学ぶ。
・家族のために作る食は、家族を思いながら作るわけで、食を通して家族の絆が育まれていく。

こんな内容だ。
これは食卓の重要性に目を向けざるを得ないし、
同時にダイニングテーブルの重要性にもつながる話だ。

我が家のダイニングテーブルはもうガタガタになっている。
まさに食卓(ダイニングテーブル)が崩壊している。

家族の確執が始まらないように
新しいの購入する決意をしよう。


posted by デデボー at 23:37| 東京 ☁| Comment(2) | 家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

自画像(次男坊主)

次男坊主が描いた。

DSCF3023.jpg

自分の顔だそうだ。
子供らしくてなかなかいい。

posted by デデボー at 02:16| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

トラの絵(長男坊主)

今年の正月に、長男坊主が描いたパパママ宛て年賀状が出てきた。

tora2.jpg

この絵を立体化したのが左斜め下これになる。

tora1.jpg
posted by デデボー at 09:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。