2015年07月13日

人間と自殺と未来

皆さんもご存知のように、日本の自殺者は、過去16年間、毎年約3万人です。交通事故でなくなる人の数が、毎年約4千人ですから、その7倍です。これは19分21秒に一人が亡くなるという計算です。
(真の家庭 2015.7 NO.201、真の家庭推進協議会、6ページ)

-------

日本の自殺者が毎年3万人という話はよく耳にする。
毎日毎日20分に一人が自殺をしている社会というのは
病んでいると言わざるをえない。

ところで、
私はちょっと違った視点から自殺問題を考えてみた。

人はなぜ自殺をするのだろうか。
それは、ひと言で言えば、将来に絶望を感じるからだ。

ここで注目すべきは、自殺者は「未来」を見て、自殺を決断をしているということだ。

動物は自殺をしないという。
それは、未来を見る力がないからなのだ。

動物は未来を見ることができない。
しかし、人間は未来を見ることができる。

自殺の有無はこの違いにかかっていると言っていい。
人間は他の動物にない特別の力を賜っているのだ。

ならば、人間は未来に絶望だけでなく、
希望も見ることもできるという特権ももっているということだ。


posted by デデボー at 09:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422273157
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。