2011年12月31日

ひとつ ―祈りの歌―

東北で亡くなった方々の無念さとか、残された者たちの悲しさとか無念さとか、それらを全部含めて、祈りの歌がないな、祈りの歌がほしいなってことを思ったんですね。その歌たちをどういう言葉で紡ごうかなと思って難儀しましたけど、何となく今回は自分が書いたんじゃなくて、何となく誰かに書かされたような。そんなに時間もかからなかったし、不思議な思いでしたね。
(長淵剛インタビュー)
-------

紅白で長渕剛が歌っていた歌を聞いて大変感動をした。
この歌は東日本大震災で被災された人々へ向けて
祈りのつもりで作った歌だと後から知った。

被災地へ送るレクイエムだったのだ。

s-長渕.jpg
「 ひとつ 」

作詞:長渕剛 作曲:長渕剛

ひとりぼっちに させてごめんね
もう二度と
離さない 離れない 離したくない

君によりそい そばに生きるよ
もう二度と
忘れない 忘れさせない 忘れたくない

悲しみは どこから やってきて
悲しみは どこへ 行くんだろう
いくら考えても わからないから
僕は悲しみを 抱きしめようと 決めた

ひとつになって
ずっといっしょに 共に生きる
ひとつになって
君と生きる 共に生きる

月のしずくが 涙にゆれて
海に光る
逢いたくて 逢えなくて それでも僕は探した
星が降る夜 君を想い
ずうっと 歩いたよ
明日きっと 明日きっと しあわせになれるね

永遠のしあわせは どこから やってきて
永遠のしあわせは どこへ 行くんだろう
いくら考えても わからないから
僕は悲しみを 抱きしめようと 決めた

ひとつになって
ずっといっしょに 共に生きる
ひとつになって
君と生きる 共に生きる


この歌を早々にコピーして歌っている人がいた。
本人が歌っているんじゃないけど、雰囲気出てる。



posted by デデボー at 23:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243671191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。