2010年07月07日

日本の2つの選択肢

朝鮮日報が出す総合月刊誌「月刊朝鮮」(5月号)にサムスン経済研究所日本研究チーム長の李佑光氏が「経済危機の中で明治時代のリーダーらに脚光」の記事を書いている。李氏は韓国の中央大学を卒業後、東京大学に留学し、経済学部博士課程を修了した日本通だ。サムスンという会社はいまや韓国トップの企業グループになっているが、昔から社員には日本語を必修として課すなど、日本をモデルとして多くのものを学んできた。政治よりも経済の論理で合理的に日本を分析してきた積み重ねがある。(VIEWPOINT JULY 2010、世界日報社、87ページ)
-------

最近、よく見かける韓国の家電メーカー「サムスン」が、日本をモデルに大きく発展してきたというのは初めて聞いた。その日本研究チーム長・李佑光氏の日本分析は興味深い。

japan_n_150.gif korea_n_150.gif

日本が今の苦境を抜け出すためには2つの選択肢があるという。

1.既存の価値観とシステムを果敢に脱ぎ捨てて、新しい価値観を生み出していくこと。
2.この程度の発展に満足して、英国のように『成熟国家』として生きていくこと。

日本は今後どちらの道を行くのだろうか。

李氏はいう。「我々は千年以上も日本を見てこなかったのだろうか?」と。日本はそれで終わる国ではないことを骨身にしみて理解しているのが韓半島の人々だという。そして、「おそらく日本は難しくて時間もかかるだろうが、新しい価値観とシステムを創造する道に入るだろう」と予測する。

私は、千年以上も日本を見てきたというこの韓半島の人々の言葉に、涙がにじむほど励まされた。日本はこのままで終わる国ではない。必ずや起死回生し、アジア、太平洋、そして世界に平和貢献する国家に立ち直っていくぞ、と固い決意をした。
posted by デデボー at 14:25| 東京 ☁| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。