2010年04月11日

4月11日礼拝

【今日のみ言】
神様を愛することにより、私の人生は完全に変わりました。
自分よりも人類をもっと愛し、
私と私の家族の問題より人類の苦痛を先に考える人になったのです。
また、神様がつくられたすべてのものを愛そうと努力しました。
山にある木も愛し、水にいる魚も愛する心で見ました。
世の中のすべてのものから神様のみ手を感じようと、
触角を鋭敏にしました。
そのように、心を神様の愛に合わせて変える一方、使命を果たそうと、
私が備えるべき強健な体をつくるために努力しました。
いつ、いかなる時に神様が私を呼ばれても、
即座に走っていく準備をしたのです。

(平和を愛する世界仁として、文鮮明、創芸社、327ページ)
-------

本日の礼拝、説教題は「愛天生活」

●神様を愛することにより、人生は変わる。

文先生は「神を知る」ではなく「神を愛する」ことによって人生が変わったという。
人生を変える秘訣は「神を愛する」ことだ。

●神を愛するとは、人類と自然を愛すること。

では、神を愛するとは?
文先生によると、次の通りだ。

・神を愛することは、人類を先に愛すること。
・神がつくられたすべてのものを愛すること。

そのように努力をしたという。

幼少時代は森の中で、鳥や魚などをこよなく愛し、
青年期は牢獄の中で、南京虫やしらみを愛した話がある。

世の中のすべてのものから神様のみ手を感じようと、
触角を鋭敏にしたという。

●さらにいつでも神の願いに応えられるよう準備をした。

神にいつ呼ばれても即座に走っていけるよう体を強健にしたという。
文先生の体を鍛える動機は神を愛することにあった。

posted by デデボー at 18:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神様を知って私の人生も変わりました。
そして、もっと生活の中で神様を愛していける自分になりたいな〜と思います(^o^)/
Posted by らむ太 at 2010年04月14日 08:07
この礼拝から、一週間以上経ちましたが、この時受けた説教がとても心に残っています。

私も文先生の歩みを相続し、神様を愛する日々を送りたいです!
Posted by ふぉーしーずん at 2010年04月20日 06:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。