2010年02月08日

失われたアーク

「失われたアーク」とはモーセの十戒の書かれた石板を納めた「聖櫃」のことであり、ユダヤの秘宝の一つ。(レイダース/失われたアーク《聖櫃》、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
-------
かつてユダヤ人の大富豪エドモンド・ロスチャイルドが日本の神輿を見たときに腰を抜かすほどびっくりしたそうだ。旧約聖書に出てくる「契約の箱」とあまりも似ていたからだという。「契約の箱」とは、かの有名なモーセの「十戒の石板」をしまっておいた箱で、イスラエル民族は荒野を流浪しながら、その「契約の箱」を大事に守って移動をしていたのだ。その「契約の箱」を担ぎながら移動するイスラエル民族の様子が聖書には何か所も書かれているが、ある時から全く書かれなくなる。ユダヤ人は、その「契約の箱」の行方を現在に至るまで血眼になって捜している。映画インディージョーンズもそんなテーマだ。その歴史上行方不明になっている「契約の箱」が、なんと日本四国の剣山にあるという説がある。
posted by デデボー at 15:17| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
続きは?! 続きは!? 
何かヒントがないか、何度も読み返しているぷよよです。
…気になりますね、この展開♪
(¬。¬)
Posted by ぷよよ at 2010年02月14日 02:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。