2009年12月27日

9・18 ピーチブログ

行方不明になる日の朝、M.Yさんが書いた最後のブログ、その全文
-------
「統一教会 ピーチの感謝と笑いの生活」
統一教会の信仰をもつ私の日々の感動を日記にします

2009年9月18日 神様は愛のお方

午前6時、早い出発
皆がまだ寝ている間にホームを出た。

先日、大大大先輩の講話を聞いた事もあって
『今日神様は、どんな楽しみを準備して下さっているのだろうか』
と出発した私です。

久し振りに親と過ごす貴重な時間が与えられました。

教会にいる時間
食口と共にいる時間
が長い私は神様やご父母様、食口達の事をよく考えます。

その為か、たった一泊であったとしても、何だか不思議な感覚です。
そして寂しくもあります。

本当に心を通わせる兄弟姉妹たちなんだ
と実感した瞬間でもありました。


まぁ、すぐ戻ってくるし…なんて思いながら商店街を歩いていました。

そしたら、ゾロゾロと集団で歩く食口達とすれ違いました
(皆で早朝の散歩でしょう)

『おはようございます』
挨拶と共に
『行ってきます』
と言ってお互いに歩き出しました。

神様はバッタリと出会わせてくれるのです。
(ちょっと時間がずれていたらお互いに会わないのに)

神様、朝から喜びを与えてくれてありがとう〜

元気に行ってきます。

--
この日のブログを最後にM.Yさんは行方不明になった。
つまり拉致監禁にあったのだ。
そしてあの日から3か月が過ぎ、
12/22にこのピーチブログのリンクが切れた。


posted by デデボー at 09:58| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 「拉致監禁」問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教会員です。
読んでいて胸が締め付けられるようです。
こんなに純粋でいい子がどうしてと思うと涙が出てきました。
そしてもう一つショックなのが、教会員である私たちが、未だに拉致監禁が手の届かない遠いところで行われているような感覚があることに何とも言えない無力感を感じてしまいます。どうしたらよいのでしょうか・・・。
Posted by ひつじぃ at 2009年12月27日 14:30
 初めてコメントさせていただきます。ピーチさんのあの日のブログ記事を保存して下さっていたのですね。私もピーチさんのブログを毎日お訪ねしせめてものクリックをしていました。デデボーさんがいろいろ働き掛けをして下さっていることをお支えしたい気持ちです。ピーチさんの為にどうか宜しくお願いします。そして正月休み帰省前の警戒体勢で若い方達を宜しくお願い致します。
Posted by ハッピーいちろ at 2009年12月27日 20:54
ひつじぃさんへ
コメントありがとうございます。
「拉致監禁」について、多くの人がこの事件を知りません。
多くの人にこの事実を伝えていくことは必要であると思います。
そのためにも、私は「拉致監禁」問題についてせめてこのブログで積極的に扱い、
多くの人にアピールしようと考えています。
Posted by デデボー at 2009年12月27日 23:44
ハッピーいちろうさん
コメントありがとうございます。
この正月は厳重警戒態勢を敷いて若いメンバーをしっかり守っていきます。
ありがとうございます。
Posted by デデボー at 2009年12月27日 23:46
Yさんには本当にたくさんお世話になっています。
先日のイベントはYさんが来れなくなってから4回目でしたが、今回も不思議なほど導かれて大成功に至りました。
また、Yさんのゲストさんにも神様が強く働かれていると感じました。
今もYさんが私たちのことを祈って下さっている事を強く感じます。

Yさん、どうかあきらめないで!ご無事でいらっしゃること、1日も早い解放を、ささやかですが私たちも祈り続けています!
Posted by はねうお at 2009年12月30日 14:05
僕は、原理研究会で歩んでいましたが、生活の過酷さに耐えきれず、離れました。しかし、今日まで統一原理のことを忘れたことはなく、いつかは戻ろうと思っていました。しかし、戻るには決意しきれません。心を整理するために、ホームページを開設しました。ホームページの管理を通して心を整理して、いつかは戻ろうと思っています。もう、原研という年齢ではないので、教会のほうへ戻ろうと思っています。ホームページのほうはyahooやgoogleで検索しても出てこないので、リンクに加えてください。ホームページには掲示板もあるので、多くの食口の方の意見を伺いたいです。
ホームページのURLです。
Posted by 北上哲 at 2010年01月09日 23:08
僕は、原理研究会で歩んでいましたが、生活の過酷さに耐えきれず、離れました。しかし、今日まで統一原理のことを忘れたことはなく、いつかは戻ろうと思っていました。しかし、戻るには決意しきれません。心を整理するために、ホームページを開設しました。ホームページの管理を通して心を整理して、いつかは戻ろうと思っています。もう、原研という年齢ではないので、教会のほうへ戻ろうと思っています。ホームページのほうはyahooやgoogleで検索しても出てこないので、リンクに加えてください。ホームページには掲示板もあるので、多くの食口の方の意見を伺いたいです。
Posted by 北上哲 at 2010年01月09日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136671067

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。