2009年09月27日

「日本人らしさ」とは

自分にとって、満足できるための基準は少なくともだれかに勝ったときではない。自分が定めたものを達成したときに出てくるものです
(イチロー思考、児玉光雄、東邦出版、10ページ)
-------

「日本人らしさ」とは何だろうと考えることがある。
それは日本の歴史と伝統の中に答えがあるはずだ。

・調和を重んじる和の文化
・譲り合いの文化
・強制力がなくても秩序を保てる恥の文化
・ムラ社会、家族主義
・潔いサムライ精神
・勤勉、根気、実直
・求道者

すなわち、
人間関係では、相手を気遣う「和」を重んじ、
個人においては、自分に嘘をつかない「潔さ」をもつ。

bushi.jpg

この辺が、「日本人らしさ」ではないだろうか。
この「日本人らしさ」が激動の歴史の中、
日本をここまで作り上げた原動力であると思う。

イチローの本を読んでいたら、
彼の中にサムライっぽさを多く感じ、
潔くカッコいい日本男児を見る気がした。

自分勝手と往生際の悪さはカッコ悪い。

日本人として
「和」と「潔さ」を重んじる
「日本人らしい」生き方をしたい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑クリックお願いします。m(_ _)m

posted by デデボー at 21:26| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の礼拝、イチローの話がありましたよ!
信仰は神様にゆだねる精神が大事というところで。
ここ一番のプレッシャーをはねのけるのは、最後はより大きなものにゆだねることが大事と。
イチローは自然とそれができる方なの
だなぁと思いました。
ブログを読んで日本には素晴らしい精神世界が根付いているのだなぁとつくづく思いました。
Posted by ゆったん at 2009年09月27日 22:43
私もちょうど、イチローの記事書きました。
霊界がつながっているなぁ。と感じました。
Posted by シャドー at 2009年09月27日 23:33
「潔さ」・・・この言葉に「切腹」をイメージしました。
全ての責任を自らがあの世まで持って行く…。

やっぱり格好良いですね♪
Posted by ぷよよ at 2009年10月05日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。