2009年09月17日

宇宙は人間のために

国産の新大型ロケットH2Bが11日未明、国際宇宙ステーション(ISS)への物資を補給する輸送機「HTV」を積んでの打ち上げに見事成功した。HTVはロケットから分離後の飛行も順調ということで、18日にはISSにドッキングする予定である。
(世界日報2009/9/16、メディアウォッチ、12面)
-------

国産のロケット発射が成功したらしい。

統一原理では自然や宇宙は人間のために作られたと説く。
自然界を見渡すと、実に人間に都合がいいようにできているので、
この見方は結構うなづける。

こういう考え方を物理学や宇宙論では、「人間原理」というのだそうだ。

roketto.jpg

一方で、一般的なのは「進化論」だ。
突然変異と自然選択で偶然人間はできたという。

しかし、「進化論」で説明すると、
ビッグバンから人間の誕生まで
奇跡や偶然のオンパレードになってしまう。

スタートからゴールまで
偶然につぐ偶然、奇跡につぐ奇跡、そして人間誕生!

こういうことを真顔で言う科学者の気が知れない。

自然や宇宙は、神が人間のために作られたと知って
宇宙を見つめなおすと今までと違った宇宙が見えてくる。

現在の人間の行動範囲からすると、
宇宙は大きすぎるのだ。

人間はいずれ大宇宙に出ていくことになるとしか言えない。
アメリカもロシアもまずは火星を目指しているというが、
火星に限らず、銀河系へそしてその外へ。

日本の国産の新大型ロケットH2Bの打ち上げ成功は
まだまだ序章に過ぎないのだ。

これから人類はどんどん宇宙へ出て行くことになりそうだ。
少年のようにわくわくする。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑クリックお願いします。m(_ _)m

posted by デデボー at 23:37| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
物事も秩序や順序、法則があって上手く進んでいる。
偶然は嬉しいときもあるけれど、
「生命の誕生」はやはり必然であって欲しい…。

神様が人間の為に作ってくれたから、自然に喜べる。
何の目的があって誰が作ったのか分からなければ・・・
ちょっと気味が悪い気がする・・・。

ぷよよも宇宙に行ってみたい♪
Posted by ぷよよ at 2009年10月05日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128183417

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。