2009年08月13日

国歌を歌い合う

私は、今、韓国の大学に留学しています。実は、ここでよく君が代を歌うことがあります。国歌を歌い合うというコミュニケーションはすごく自然なことと、この国の人達は考えているようです。韓国だけでなく、おそらく世界中の国の常識なのでしょう。
(国際派日本人教養講座5、伊勢雅臣、こだま書館、shinさん投稿、198ページ)
-------

国歌を歌い合う、という習慣は日本にはない。

君が代自体が
何か後ろめたいものであるかのように
学校で教わるので、
それを海外の人の前で歌おうとは思わない。

japan_n_150.gif korea_n_150.gif

しかし海外では、国歌を歌い合うというのが常識だという。
日本にいるより歌う機会は多くなるという。

私もアメリカにホームステイした時に
何度も国歌を歌ってくれと言われ戸惑った経験がある。

改めて国歌について考えた。

作曲家・團伊玖磨氏によると、
国歌としての必要条件は次の3つ。
@短いこと
Aエスニック(民族的)であること
B好戦的でないこと

その意味で、イギリス、ドイツ、日本の3つが
国歌の中の白眉であるという。

私はこの中に韓国の国歌も加えていいと思う。
韓国国家も歴史と自然を讃える穏やかな歌で3つの条件を満たす。


●日本の国歌・君が代

君が代は千代に八千代に
さざれ石の巌となりて
苔のすむまで


●韓国の国歌・愛国歌

東海の水が枯れ、白頭山がたとい消えても
神は守り給わん 永遠の世を
無窮花 三千里 華麗な江山を
大韓人 多いなれ 永久に育たん


自分の国を誇り、そして相手の国を讃える。

国歌を歌い合うということは異国人同士の
素晴らしい交流の仕方だと思う。

私も今度、外国人と接する機会があったら
この交流の仕方をやってみたい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑クリックお願いします。m(_ _)m

posted by デデボー at 22:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国歌という内容では
中国は本当に真逆の思想ですね。
「起来! 起来! 起来!」
「前進!前進!前進!」
もろ、抗圧的。。。
中国が世界の支配権を握ったら
かなりやばいな。。。
と改めて思わされました。
(*_*)
Posted by ナマステ at 2009年08月14日 14:50
反対派は君が代をの「君」を→天皇陛下→昭和天皇→太平洋戦争→戦争肯定と結びつけて反対します。
しかし、彼らの真の目的は日本国家そのものを否定して転覆させることです。 
実際は「君」は大君、大神、再臨主とも・・・
これじゃサタンが反対するわけですね!
Posted by 真の革命 at 2009年08月15日 22:12
大変参考になりました。私は昨年から国の祝日には国旗を掲揚することにしています。アパートでも、マンションでも掲げられますので、ぜひ一緒にやりましょう。
Posted by 首都圏ネットワークいちょうの会のぎんなん at 2009年08月17日 22:09
片手で足りるくらいしか歌ったことがないのに・・・
優雅にたっぷりと歌い上げる・・・
ぷよよの率直なイメージです。
・・・ちょっと練習しておこうかな…
(。。;)と、思いました。
Posted by ぷよよ at 2009年08月23日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。