2009年07月29日

米中急接近に不安

【「G2」に期待と不安−米中】 米中両国は27日、両国の主要閣僚らが参加する戦略・経済対話を開始、米中主導で世界の主要問題に対処する「G2」路線に踏み出した。
(世界日報7月29日1面)
-------

アメリカと中国が国際問題を幅広く話し合う
「米中戦略経済対話」が行われた。

これは初めてのことらしい。

そして「G2」という目新しい単語が飛び交いだした。
今後、米中の2か国主導で世界を引っ張るという路線のことらしい。

us100.gif cn100.gif

アメリカ民主党は中国寄りだとか、中国重視だとか、中国に甘いとか、
そういう話は以前から聞いたことがあったが、その表れだろうか。

世界の金融経済や安全保障の問題に中国の協力が不可欠というのは
分かりやすい説明だが、あまりに急接近しすぎのような感じを受ける。

中国はあくまで共産党一党独裁の国で、
我神を信ずを国家の標語に掲げる民主主義国家のアメリカとは
価値観が大きく違いすぎるのではないか。

私は5月に国際勝共連合の太田洪量会長の講演に行き、
中国の世界戦略の一端を聞いた。

中国は三国志などにあるように
戦術戦略に明け暮れた歴史を持っている。
戦略的思考に優れているという。

国家百年の計を持って、世界のリーダーの座をつかもうと
着実に準備行動している中国の世界戦略には驚いた。

とにかく心配なのが、中国のもつ価値観である。
中国が覇権を取った時に、私たちが、平和を、幸福を感じられる世界に
果たしてなるのだろうか。

アメリカ国内にも、中国との関係強化を急ぐよりも、
日本や欧州連合(EU)など同盟諸国と対中政策を調整することが重要
との指摘もあるそうだ。

私もこの意見に賛成だ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑クリックお願いします。m(_ _)m

posted by デデボー at 11:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても急な話に感じます。

世界平和実現!
これを中心として!!祈りの声を〜!!
(☆◇☆)/
Posted by ぷよよ at 2009年07月29日 19:03
ぷよよさんへ
いつもコメントありがとうございます。
とても励まされます。
たくさん食べて、早く元気になって下さい。
Posted by デデボー at 2009年07月29日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124518847

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。